愛Gift 贈り物・プレゼント通販

愛Gift 贈り物通販
愛Gift 贈り物・プレゼント通販

HOME > ギフト・贈り物コラム > 開店・開業のお祝いを贈るときのマナー

開店・開業のお祝いを贈るときのマナー

更新日:

贈答用フラワーギフトのご相談はお祝い花

開店・開業のお祝い

開店、開業のお祝いは縁起物を贈るしきたりがあります。
縁起物は招き猫、生花、時計、鏡が一般的です。
ただし、お店や会社の雰囲気やコンセプトに合わない場合は、ご迷惑になったり、使ってもらいにくいものになるため、相手の希望を具体的に聞く方が良いでしょう。

縁起物が難しい場合は、お店の場合は、花瓶や額など、雰囲気を明るくするものがおすすめです。会社の場合は、事務所で使われるコーヒーカップのセットなどが使いやすいものとなります。
新築祝い同様、キャンドルや灰皿 、ライターといった火を連想させるものは避けましょう。
金額の目安は5千円~1万円の物が人気があります。

現金を贈る場合は「御祝儀」として贈ります

また、物を贈るこだけではなく、開店当日にお手伝いをしたり、従業員の皆さんで食べてもらえるようにお菓子や飲み物を贈ることもお祝いになります。

開業・開店パーティーに招待された時

開業・開店パーティーに招待されたら、賑やかにお祝いしましょう。
パーティー当日までに、生花、花輪、お酒などを届けます。
樽に入った日本酒などは、景気付けの開業セレモニーにも使ってもらいやすい贈り物です。

出席できない場合は電話でお祝いを伝え、開店当日に祝電を打ったり、メッセージカードを添えてフラワーアレンジメントなどを贈りましょう。
パーティーの場合は、生花や花輪の置き場所の確保や管理が難しいことがあるので、相手に確認してから贈る配慮が必要です。

ゴルフボール名入れギフト専門店